股関節を制すものは下半身を制す!?

股関節を制すものは下半身を制す!?下半身痩せストレッチをしよう!

「上半身は細いのに、下半身はぽっちゃりでアンバランス」「パンツルックだと窮屈な見た目になってかっこ悪い」といった下半身の見た目の悪さに自信をなくす人は多いはず。でも、下半身痩せができるストレッチをすればそんな悩みは解消できるかも?その鍵は股関節にありました。

 

■股関節ってなに?

 

太ももを支える大腿骨の上部は球体になっていて、骨盤の接合部にぴたりとはまっています。この部分を股関節と言います。人間の基本動作には必要不可欠な間接で、体を支えたり、立ったり、歩いたりすることができるのは、この股関節のおかげなんですね。

 

股関節が硬いと可動域が狭まり、体の動きが偏りやすくなります。するとゆがみが生じやすくなり、血行やリンパの流れが悪くなります。そのことによって冷えが生じたり、老廃物が詰まったりしてしまいます。

 

ということは、股関節を柔らかくすることでこれらの問題を解消でき、下半身痩せにつながるというわけです。しかも便秘が解消されたり、X脚、O脚も治るという効果も!では股関節を柔らかくするためにはどうしたらいいのでしょう?それはずばりストレッチです!

 

■下半身痩せができる股関節ストレッチ

 

血行を高めて新陳代謝を促進し、脂肪を燃焼させるのがこの股関節ストレッチです。そのため即効性はなく、柔らかくするために継続的に行う必要があります。今回は続けやすいように、簡単な方法を2つ紹介します。

 

テレビを見ながらでもできる方法

 

@床に座り、両足の裏を合わせる
A背筋を伸ばし、かかとを自分の体に引き寄せる
B両脚の膝上に手をあて、床につけるように押す
Cその体勢を保ったまま、体を折るように前に倒す.

 

これを10回程度行います。

 

寝ながらできる方法

 

@仰向けに寝て、両膝を立てる
A右足首を左ひざにかける
B左ひざの裏を両手で押さえ、胸に引き寄せ、15秒キープ
C脚を入れ替えて、同じ動作を行う

 

これを左右5回ずつ行います。

 

元々股関節が硬い人にとっては、辛いストレッチになります。無理をすると股関節を痛めてストレッチどころではなくなってしまうので、痛みを感じたら止めるようにしましょう。

 

股関節を柔らかくすることで、周辺のゆがみを解消し、下半身痩せにつながるということをおわかり頂けたでしょうか?またストレッチの効果を継続させるためにも、普段からかばんを片一方の腕だけで持ち続けない、片足だけに重心を置かない、肩肘をつかない、脚を組むなど、体のゆがみを生じさせない工夫も取り入れたいですね。