五感をフル活用すればダイエットになる!?

五感をフル活用すればダイエットになる!?食事を楽しむことで食べ過ぎを防ごう!

ダイエット中は「何を食べるか」ばかり気にしてしまいますが、「どう食べるか」も大事です。同じものを食べるにしても、ちょっとした工夫をするだけで、脳を上手に騙してダイエットをすることができます。そこで今回は、五感を活かした食事でするダイエットを紹介します。

 

@視覚

 

同じ量でも大きなお皿に盛られているのと、小さいお皿に盛られているのでは、後者の方がたくさん食べているように感じることができます。また、お皿の色も警告も意味する赤を使用すると、食欲が落ちると言われているので、食べ過ぎ防止のために取り入れたい工夫ですね。

 

A味覚

 

美味しいものを食べると、幸せな気分になりますよね?それによって食事に対する満足度が高まって、満腹になりやすいと言われています。

 

いくらダイエットに食事制限は欠かせないとは言えども、無理矢理嫌いなものを食べるのは良くないかもしれません。好きなものが高カロリーであったり、糖類が多いものであっても、摂取を少量に抑え、かつ運動で消費するというのもダイエットの選択肢の1つですね。

 

B嗅覚

 

香りもまた食事の満足度を高め、満腹感が得やすくしてくれます。

 

外食をするときに出される飲み物には、ストローがついていることがありますね。ストローを使って飲むと、飲み物の香りがあまりしないということにはお気づきでしょうか?糖分がたくさん含まれる飲み物もありますので、ストロー無しで飲めば、満足感も高まって飲みすぎを防げるかもしれませんね。

 

C聴覚

 

食事を食べる際にテレビをつけっぱなしにする人は多いはずです。これはダイエット中だけでも、避けたほうがいい習慣かもしれません。テレビがついているとつい、画像や音声に気をとられ、食事に集中できなくなってしまいます。

 

また、携帯電話の着信音やメールの通知音が聞えると、食事の手を止めて、触ってしまうこともあると思います。電源をオフにするまではいかなくても、手の届かないところに置いておくのがいいかもしれません。

 

D触覚(食感)

 

例えばトマト1つを例にとったとしても、皮のパリッとした感じ、種のプチプチ感、果肉のジューシーさを楽しむことができます。それらを舌触りや歯ざわりを堪能しながら、しっかり?みましょう。たくさん?むことで満腹中枢が刺激され、必要以上に食べることを避けられるようになります。

 

五感で食事を楽しむと、いつもより食事を楽しむことができ、食べ過ぎを避けられるということをお分かりいただけたでしょうか?食事も美味しいし、ダイエットもできて一石二鳥なので、ぜひ試してみて下さい!