お風呂に入るだけのダイエット!効果的な入浴方法

お風呂に入るだけのダイエット!効果的な入浴方法で健康的に痩せられる?

1日に疲れを癒す時間でもあるお風呂タイム。この時間を上手く利用すれば、ダイエットにもなるということをご存知でしたか?リラックスとダイエットを兼ねた一石二鳥のこの方法、忙しい女性には特におすすめです。

 

■入浴するとなぜ痩せる?

 

美容や健康のためには、シャワーだけで済ませるのではなく、湯船に浸かるといいと言われていますね。その理由は次の通りです。

 

@脂肪が燃えやすくなる
A血液の流れが良くなり、老廃物が排出される
Bリンパの流れの改善になり、むくみが解消される
C便秘が改善され、ぽっこりお腹が解消される
D食欲を抑制でき、食べ過ぎを防げる

 

シャワーのみだと体が温まらず、汚れを落とすのに留まってします。そのため、これらの効果が期待できないんですね。湯船にお湯を張るのは少し面倒ですが、外での運動や難しい食事制限と比べれば簡単ですね。

 

■方法は湯船の中で正座をするだけ!?

 

日本人に馴染み深い正座ですが、湯船の中で行うのも効果的です。

 

正座によってふくらはぎは加圧することができるため、脚に溜まった血液やリンパを心臓に送り返すというポンプ機能を果してくれます。それによって血流を良くし、代謝を上げることへの期待が持てます。

 

また、正座をすることによって骨盤のゆがみが解消されやすくなり、結果ゆがみに溜まっていた脂肪が整理されて、お腹周りや下半身をすっきりさせることもできます。

 

正座の方法ですが、まず湯船の中で立て膝の状態になります。両脚の膝とかかとをしっかりつけ、その状態を保ったまま、腰を下ろして正座をします。この状態を1分半キープ。その後は楽な姿勢になってOKです。

 

湯船で正座をすること骨があたって痛いという場合は、フェイスタオルなどを敷けば、その痛みを和らげることができます。また関節などの痛みから正座が辛い場合は、体操座りをして、ふくらはぎを揉むのもいいでしょう。

 

■注意点

 

注意点が2つあります

 

@入浴前に水を飲むこと

 

入浴中は大量の汗をかきます。脱水症状を起こしたり、血液がドロドロになってしまうことを防ぐため、水分補給をしてから入浴をしましょう。

 

Aお湯は40度までにすること

 

熱過ぎるお湯は肌の乾燥につながり、美容の面でも良くありません。のぼせないためにも、お湯の暑さは40度までに抑えましょう。

 

日頃の習慣をそのままダイエットにできるのはいいですね。道具もらいない簡単な方法なので、今晩から早速取り入れてみてはいかがでしょうか?